生活

【美容液の最新情報】間葉系幹細胞培養上清液の効果を現役細胞培養士が解説します

間葉系幹細胞培養上清液
 こんな方におすすめ
  • コラーゲンやヒアルロン酸が含まれた美容液を使用しても効果が持続しない
  • 肌年齢を若返らせる最適な方法が知りたい
芸能人って歳を取ってもなんであんなに肌にハリがあるんだろう。

コラーゲンやヒアルロン酸が含まれた美容液を使っても効果が長続きしないと悩んでいませんか?

コラーゲンやヒアルロン酸は肌を構成する材料なので美容液として取り込むことで一時的に肌にハリや弾力が出ますが、材料が消費されると肌は再び元の状態に戻るため永続的に取り込み続けなければ良好な状態に保つことはできません。

永続的にハリや弾力を持たせたいならコラーゲンやヒアルロン酸を自ら作り出す細胞を活性化させる必要があります。

間葉系幹細胞培養上清液にはコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞を活性化させる成分が豊富に含まれているため、肌のハリや弾力を永続的に維持することができます。

間葉系幹細胞培養上清液を使って肌のハリや弾力を取り戻したい人はこちらのボタンから、間葉系幹細胞培養上清液が肌に与える影響をもう少し詳しく知りたい人はこの記事をチェックしてみてください!

  • 初回購入88%OFF!
  • 30日間返金保証付き!

ヒト幹細胞培養液配合美容液

この記事を書いた人

龍神(りゅうじん)

■奈良県天理市生まれ。最終学歴は3年制の専門学校卒。
■臨床検査技師⇨胚培養士⇨治験コーディネーター⇨医療機器メーカーと4度の転職経験を経て内資系ベンチャー企業に入社。
■美容クリニック提携企業として間葉系幹細胞の培養業務を行う細胞培養士として勤務。
美肌のメカニズムを論理的に解説します! 詳細プロフィールはこちら

皮膚の構造と皮膚組織が老化する原因

間葉系幹細胞培養上清の肌への効果を理解するためには、皮膚の構造と皮膚組織が老化する原因を知る必要があります。

皮膚の構造と老化の原因

真皮層にはコラーゲン・エラスチンといった皮膚の弾力を保つ線維成分が存在していますが、これらは20代以降から年々減少し質も悪くなります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
質が悪くなる原因は内的な要因(加齢・酸化・糖化ストレス)と、外的な要因(光老化:紫外線によるダメージ)があります。
コラーゲン量 年齢

上図の通り、コラーゲン量は年齢とともにどんどん少なくなります。

この理由はコラーゲンを生成する能力が加齢とともに低下する一方で、皮膚に存在するコラーゲンの分解は加齢とともに早まってしまい、差し引きの結果コラーゲンの総量が低下してしまうからです。

また、コラーゲンやエラスチンの隙間にはヒアルロン酸が存在し水分を保持しています。

ヒアルロン酸も40代から徐々に減少するので、皮膚が乾燥しやすくなり、ハリ・弾力を保つことが難しくなります。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を作り出す細胞が『繊維芽細胞』と呼ばれる細胞です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
つまり、繊維芽細胞を活性化できれば肌の若返り効果を期待できるということです!

間葉系幹細胞培養上清に含まれる因子と効果

間葉系幹細胞に含まれる液性因子と効果

上表は間葉系幹細胞培養上清液に含まれている成分と効果の一覧です。

ご覧の通り、間葉系幹細胞培養上清液には繊維芽細胞を活性化させる因子が豊富に含まれているため肌の若返りに絶大な効果を与えます。

繊維芽細胞を活性化させる因子に加えてエラスチン・ヒアルロン酸・コラーゲンが配合されている美容液を使用することで肌の若返り効果を最大限に発揮できます。

間葉系幹細胞培養上清液を使って肌のハリや弾力を取り戻したい人はこちらのボタンから、間葉系幹細胞培養についてもう少し詳しく知りたい人はこの記事の続きをチェックしてみてください!

  • 初回購入88%OFF!
  • 30日間返金保証付き!

ヒト幹細胞培養液配合美容液

間葉系幹細胞とは

間葉系幹細胞は体性幹細胞の一種ですが、まずは体性幹細胞について解説します。

体性幹細胞とは

間葉系幹細胞とは

体性幹細胞とは体の中に存在する組織の一部を培養することで得られる細胞です。

ES細胞、IPS細胞などの他の幹細胞は受精卵の使用や体細胞に遺伝子を導入するなど倫理的な問題が生じやすいことに対し、体性幹細胞は体内に豊富に存在する脂肪組織や歯髄から入手できるため近年、体性幹細胞を応用した再生医療に注目が集まっています。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
ES細胞やIPS細胞のようにガン化する心配もないため安心して利用できます。

体性幹細胞の中の間葉系幹細胞

体性幹細胞の機能と種類

体性幹細胞は自己複製能しか持たないものと多分化能を持つ細胞に大別されます。

自己複製能しか持たないものは自分自身と同じ細胞を作り出すことしかできませんが、多分化能を持つものは限られた複数の細胞に分化する能力を持ちます。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
ES細胞、IPS細胞との違いは「全ての細胞に分化できるか」「限られた細胞にしか分化できないか」です。

間葉系幹細胞は脂肪組織・骨髄・臍帯・胎盤・歯髄・滑膜・関節液に分化できる多分化能を有する体性幹細胞であり、今後の再生医療への応用に期待されている細胞です。

間葉系幹細胞の皮膚組織への影響

間葉系幹細胞の皮膚組織へのベネフィットは特定の細胞に分化することで発揮される訳ではなく、パラクライン作用によって発揮されることが分かっています。

パラクライン作用とは

パラクライン作用は免疫系の制御・血管新生・抗炎症作用・抗酸化作用・抗アポトーシス作用・組織修復作用を促進させますが、この作用には間葉系幹細胞から分泌される様々なサイトカインや増殖因子が関与していると考えられています。

間葉系幹細胞が放出する主な液性因子と全身における作用

間葉系幹細胞が放出する主な液性因子と全身における作用

間葉系幹細胞が放出する液性因子は免疫調整作用・抗菌活性・抗酸化作用・血管新生促進作用・抗アポトーシス活性に寄与することが分かっており関与する液性因子も様々です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
この中から「皮膚における作用」を抜粋して次の項で解説します。

間葉系幹細胞が放出する液性因子の皮膚組織における作用の詳細

間葉系幹細胞が放出する液性因子の皮膚組織における作用の詳細

間葉系幹細胞が放出する液性因子が皮膚組織に与える作用は主に抗炎症作用・皮膚組織の再生の2つです。

どちらの作用も最終的には血管新生を促進して組織の修復を行いますが、作用の過程で肌トラブル(炎症)を鎮静し発赤を解消、繊維芽細胞を活性化して老化した皮膚組織の再生に寄与します。

なぜ細胞ではなく培養上清を使用するのか

美容液の成分は間葉系幹細胞そのものではなく間葉系幹細胞の培養上清が配合されています。

この理由は大きく2つあります。

①肌組織の修復は細胞から分泌される液性因子によるものだから

上述の通り、間葉系幹細胞は培養の過程で多くの液性因子を細胞外に分泌します。

そのため、培養液中に細胞から分泌された液性因子が多量に含まれておりこの成分だけでも十分効果が期待できます。

②肌トラブルの発生頻度を下げるため

細胞そのものを使用するとGVHDと呼ばれる拒絶反応が起こる可能性があります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
自分以外を拒絶する生体反応です。

自分の細胞由来のものなら拒絶反応が起こることはありませんが、美容液に使用されているものは自分の細胞ではないため拒絶反応が起こる可能性があります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
この可能性を限りなくゼロにするために細胞そのものではなく培養上清を使用しています。

【美肌の新常識】間葉系幹細胞培養上清液の効果のまとめ

【美肌の新常識】間葉系幹細胞培養上清液の効果をまとめます。

肌が老化する原因はコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸が自己生成できなくなるためです。

コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を自己生成させるためには繊維芽細胞を活性化する必要があります。

間葉系幹細胞培養上清には線維芽細胞を活性化させる液性因子が多量に含まれており肌組織の修復に寄与します。

  • 間葉系幹細胞培養上清ってよくわからなくて怖い
  • 本当に効果があるのか不安

この記事でこれらの不安は解消できたでしょうか。

新しいものに手を出すことは不安要素が大きいですが、正しい情報さえあれば怖いことはありません。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
最新の美容液を使用して弾力とハリのある美肌を手に入れてくださいね!
  • 初回購入88%OFF!
  • 30日間返金保証付き!

ヒト幹細胞培養液配合美容液

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA