オーガニック

【知ってました?通販は高いですよ】オーガニック野菜の目的別おすすめ購入先をご紹介

 こんな方におすすめ
  • オーガニック野菜を始めたいけど、どこで買えばいいか迷っている
  • そもそもオーガニック野菜の購入先は通販しか思いつかない

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
オーガニック野菜歴2年のちゃんミーパパがこれまでの試行錯誤の結果をこのページに集約します!

 

 

オーガニック野菜の購入先は主に3つあります。

購入先
  1. 通販を利用する
  2. オーガニックスーパー
  3. 農家さんから直接購入

それぞれの購入先には一長一短があるため、一概にここで購入するのが1番良い!と言い切ることはできません。

一短
  • この中で最もコストが高いのは「通販」です。
  • この中で最も手間が掛かるのは「オーガニックスーパー」です。
  • この中でも最も安心できないのは「農家さんから直接購入する」です。
一長
  • この中で最もコストが安いのは「農家さんから直接購入する」です。
  • この中で最も手間が掛からないのは「通販」です。
  • この中でも最も安心できるのは「オーガニックスーパー」です。

 

自身の目的がはっきりしていれば、どこで購入するのが最適かがはっきりします。

今回の記事では、前述した各購入先の”一長”と”一短”を体験談ベースで解説します。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
この記事を読んで、どこで購入するのがご自身に適しているのか検討してみてください!「

通販でオーガニック野菜を購入する場合

買い物の手間が省ける反面、コストが最も高くなります。

 こんな方におすすめ
  • 子育て世代で、子供を連れての買い物が大変な方
  • 忙しくて買い物に行く暇がない方
  • 買い物の重たい荷物を運ぶのが大変な方

メリット

自宅まで届けてくれるため買い物の手間が削減できる

通販の最大のメリットは「買い物に行く手間が省けること」です。

忙しいご家庭の場合、わざわざスーパーまで行って長蛇のレジに並ぶ時間さえ勿体ないですよね。

また、小さなお子さんがいるとワンオペでスーパーに買い物に行くことは自殺行為に等しいほど大変です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
最近だと、コロナの感染拡大もあり、人混みはなるべく避けたいところです。

通販を利用することで、これらの悩みがマルっと解決されるでしょう。

 

お任せセットを定期購入すれば買い物の手間が更に削減できる

通販とはいえ、購入する野菜を一々ぽちぽちクリックするのが面倒なこともあると思います。

そんな方には、通販会社が毎週自動的に野菜を選抜して配達してくれる「お任せセット」がおすすめ。

野菜の品数(ショップによっては S/M/Lを選択)さえ設定しておけば、入荷野菜の中から適当にピックアップしてくれるため、購入する野菜を選ぶ手間がなくなります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
最初に購入設定さえしておけば、あとは毎週決まった曜日にオーガニック野菜が届きます。

 

店舗では見かけない珍しい野菜が手に入ることがある

「坂ノ途中」というショップであれば、Lサイズの野菜セットを購入すると非常に珍しい野菜が入っていることがあります。

珍しい野菜の一例
  • のらぼう菜
  • 菜の花
  • こぶ高菜
  • アレッタ
  • スイスチャード
  • スティックブロッコリー
  • 子持ち高菜
  • 芽キャベツ
  • きくいも
  • ハナビラタケ
ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
一般のスーパーでも出回ることがない珍しい野菜を無農薬で手に入れることができるのは通販の魅力です。

 

デメリット

値段が高い

オーガニックスーパーと比べると1.2〜1.5倍程度値段が高いです。

更にオーガニックスーパーには特売日やおつとめ品が存在するため、これらと比較すると2倍以上の価格差になることも。

また、通販コストで忘れてはいけないのが「送料」。

一定金額以上購入すると送料は無料になりますが、そのラインが割とお高めに設定されています。

送料無料の条件
  • 坂ノ途中:1万円以上の購入
  • ココノミ:7000円以上の購入

加えて、夏場だとクール便の配達料が追加で発生するケースがあります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
通常の野菜の値段が高い上に配達コストまで上乗せされるので、値段が高くなるは納得です。

 

基本的に野菜は週に一度しか届かない

大手ネット通販とは異なり、野菜は週に1度しか届けてもらうことができません。

そのため、小まめに買い足すことができず、1週間分ないし次回到着日分までの野菜を買い溜めしておく必要があります。

懸念点
  • 冷蔵庫のスペースが不足する
  • 野菜(特に葉物)が痛む

これらの懸念点があることも通販のデメリットといえるでしょう。

 

配達日は野菜が届くまで自宅から動けない

野菜は生鮮食品であり、クール便で届くこともあります。

そのため、宅配BOXや置き配が利用できません。

クールの宅配BOXがあればOKなんでしょうが、そんな家見たことありません。

そのため、到着日には確実に受け取るために自宅で待機が必須です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
曜日指定と時間指定ができますが、時間の幅も大きいため当日はなかなか予定が立てづらいです。

 

オーガニックスーパーで購入する場合

オーガニックスーパーでの購入は、コストが安くなる反面、買い物に行く手間がかかります。

 こんな方におすすめ
  • 多少手間がかかっても、とにかくコストを安く抑えたい方
  • 近くにオーガニックスーパーがあって、買い物がそこまで面倒ではない方

メリット

値段が安い

実店舗の維持費等で通販より高いと思い込んでいたのですが、実際利用を開始すると断然オーガニックスーパーの方が安いことに気付きました。

もちろん、野菜の質自体も通販と同程度で非常に綺麗なオーガニック野菜を低価格で購入することができます。

オーガニックスーパーの良いところは、購入する野菜を自分の目で確認できることです。

別にそんなに大差がある訳ではありませんが、自分で野菜の状態を確認できることは安心材料の1つになります。

 

いつでも購入できる

ある程度近くにお店があることが前提になりますが、いつでも野菜を買い足すことができるものスーパーの良いところ。

実際、通販で購入していた時は「思いのほか野菜の消費が早くて食べる野菜がなくなる!」なんて事態が頻繁に起きていました。

多めに買っておけば解決するじゃない!
ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
オーガニック野菜は値段が高いので、傷ませて破棄するなんてこと私にはできませんでした。

そのため、いつも野菜がなくなるギリギリの攻防を繰り広げていました。

スーパーだとそもそもこんな心配をする必要がなく、無くなればいつでも買い足すことができます。

 

特売日やおつとめ品がある

一般のスーパーと同様で、古くなった野菜はおつとめ品として半額で販売されるお店もあります。

例えば、1袋3本入りのニンジン298円が半額の150円で購入できるため、一般のスーパーで販売されている野菜と同程度の値段でオーガニック野菜を購入することができたりします。

また、月に1回の特売日が設定されているような店舗だと、野菜が全品20%OFFで購入できたりするので非常にお得にオーガニック野菜を手に入れることができます。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
もちろん、これらは店舗のサービスによって異なると思いますので、お近くのオーガニックスーパーに足を運んで確認されることをおすすめします。

 

参考までに、我が家の御用達スーパーは「オーガニックONE」です。

おつとめ品コーナーがあって、月一で特売日があって、ポイントサービスまであるので、通販とは比べ物にならない程低コストでオーガニック野菜が購入できています♪

 

デメリット

オーガニックスーパーまで足を運ぶのが面倒

通販と比べるとこの点が1番のデメリットです。

我が家の場合、車で30分程度のところに行きつけのスーパーがあるためそこまで遠い訳ではありませんが、「わざわざ感」は否めません。

また、基本的には週に1回購入のスタンスを取っているため、家族3人分とはいえ荷物が重たく感じます。

その上、1歳の子供と一緒に行くとなると買い物をするのも一苦労です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
小さい子供を連れてスーパーまで買い物に行くなら「旦那さん」の協力は必須ですね。

 

通販と比べるとラインナップは少ない

契約農家さんの数にも左右されると思いますが、ラインナップは少々少なめです。

葉物は10種類程度、根菜類と果物は5品程度のことが多いです。

入荷野菜も毎回決まっている訳ではなくて、日によって並んでいる野菜が異なることがほとんどです。

そのため、オーガニックスーパーで購入するならどんな野菜でも料理ができることが前提になります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
入荷も毎日ある訳ではないので、行く日によっては野菜がほとんど並んでいないこともあります。

 

農家さんから直接オーガニック野菜を購入する場合

農家さんからの直売は、コストが最も抑えられる反面、本当にオーガニック野菜なのか確認ができません。

 こんな方におすすめ
  • 最悪農薬を使用していても良いから、可能な限り安く購入したい

メリット

価格が最も安い

通販もオーガニックスーパーもバイヤーを通している分、中間マージンが上乗せされていますが、農家直売だと中抜きされる手数料が発生しない分、価格も安く購入することができます。

例えば、スーパーでオーガニックのとうもろこしを購入すると1本300円以上しますが、農家直売だと5本で1000円とかで購入できたりします。

 

採れたてで鮮度が高い

農家さんにもよりますが、基本的には朝取れ野菜を当日中に発送してくれるため、本当に採れたてほやほやの鮮度の高い野菜を購入することができます。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
野菜の鮮やかさと水々しさには感動しますよ!

 

デメリット

直売してくれる農家さんを見つけるのが難しい

農家さんの知り合いがいれば万事解決ですが、中々そんな知り合いもいないのが今のご時世です。

田舎の山奥にたまに直売されている農家さんも居られますが、都会で見かけることは滅多にありません。

おすすめの方法は、CtoCサービスを使うこと。

大手フリマアプリなどで検索すると朝取れ野菜を出品されている農家さんが多数見つかります。

但し、出品と同時に即売り切れになることがほとんどなので、出品時のお知らせ設定は必須です。

 

本当にオーガニックなのか確認できない

オーガニック野菜を証明するのは「有機JASマーク」です・

通販やスーパーの野菜には一定の審査をクリアした野菜に「有機JASマーク」が貼り付けられていますが、農家直売の野菜にはこのマークが貼り付いていません。

そのため、商品蘭に「オーガニック野菜」と記載があっても客観的に証明できるものがないため、農家さんの言い分を信じることしかできません。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
我が家では、万が一農薬を使用されていたら怖いので、直売で購入した野菜は大人が食べるように使用していて子供には与えていません。

 

ラインナップが少ない

1農家さんでは育てられる野菜の数に限りがあるため、多くの野菜を1人の農家さんから購入することは難しいです。

そのため、ある程のラインナップが必要な場合は複数の農家さんから購入する必要があります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
ただでさえすぐ売り切れるのに、複数購入するとなるとハードルが上がります。

 

個人的には購入先の候補としてはやや力不足さを感じます。

通販またはスーパーでの購入を主力として、プラスアルファ程度の購入なら使用できるでしょう。

 

まとめ:それぞれのメリット・デメリットを知り複数の購入ルートを確立しましょう!

今回の記事のポイントをまとめます。

 

通販での購入

買い物の手間が省ける反面、コストが高くなります。

 こんな方におすすめ
  • 子育て世代で、子供を連れての買い物が大変な方
  • 忙しくて買い物に行く暇がない方
  • 買い物の重たい荷物を運ぶのが大変な方

 

オーガニックスーパーでの購入

コストが安くなる反面、買い物に行く手間がかかります。

 こんな方におすすめ
  • 多少手間がかかっても、とにかくコストを安く抑えたい方
  • 近くにオーガニックスーパーがあって、買い物がそこまで面倒ではない方

 

農家さんからの直売

コストが最も抑えられる反面、本当にオーガニック野菜なのか確認ができません。

 こんな方におすすめ
  • 最悪農薬を使用していても良いから、可能な限り安く購入したい

 

私自身オーガニック野菜に切り替えた当時は、通販で購入するのが1番良いと思っていましたが、家庭の状況が変わり今ではオーガニックスーパーメインで購入しています。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
各購入先でのメリット・デメリットを知っておけば、家庭の状況に応じて臨機応変に対応することができます。

使う・使わないは別としても、利用できそうな通販、近隣のオーガニックスーパー、直売してくれる農家さんの情報はしっかりリサーチしておきましょう!

 

尚、オーガニック野菜を通販で購入するなら、オーガニック野菜に特化したショップを利用すること方が野菜を選ぶ手間が減るので便利です。

オーガニック野菜に特化したショップ

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
初回はお試し価格で利用できるため、野菜の質やサービスの詳細を知るために一度利用してみても良いと思います。

 

 

という訳で今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

それではっ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA