育児

2歳児も食べれる!世界の朝ごはんインドネシア編|ブブル・アヤーム

ブブルアヤーム

朝ごはんって考えるの面倒じゃないですか?

特に小さな子供がいると、食べれるものも限られていて、ついつい毎朝同じようなメニューになりがち。

こんな悩みを解消するために、世界の朝ごはんを日替わりで作ってみることにしました!

この記事が参考になりそうな人

朝ごはんがマンネリ化している

朝ごはんのメニューを考えるのが面倒

小さな子供がいる

ぜひ、マンネリ化した食卓を異国の朝ごはんで彩ってみてください!

本日の朝ごはんレシピ

料理名:ブブル・アヤーム

国名:インドネシア

この記事を書いた人

ちゃんミーパパ

奈良県天理市生まれのアラサーパパ。
嫁+0歳児と1歳児の4人家族。
パンとコーヒーが大好きで朝ごはんに焼きたてパンを作ることが得意。 Twitterはこちら

↓目次をタップすればジャンプできます↓

インドネシアのブブル・アヤーム(BuburAyam)

ブブルアヤームの写真

紹介

ブブル・アヤームは鶏肉のお粥のことで、インドネシアの定番料理です。

日本のお粥は”病気の時に食べるもの”というイメージがありますが、ブブル・アヤームはさっぱりといよりコッテリ。

朝に食べるとその日のパワーが補給できます。

とはいえベースはお粥なので、硬い食べ物が苦手な子供でもすんなり食べてくれるので、大人も子供も楽しめる1品です。

材料

A:鶏粥

鳥もも肉・・・1枚

水・・・800ml

すりおろし生姜・・・小さじ1/2

すりおろし生にんにく・・・小さじ1/2

塩・・・小さじ1/3

生米・・・1合

B:トッピング

ゆで卵・・・1個

白ネギ(または青ネギ)・・・1/2本

フライドオニオン・・・適量

ブラックペッパー・・・少々

ナンプラー(またはだし醤油)・・・適量

生姜とにんにくはチューブでもOKですが生の方がコクが出て美味しいです。

ネギはお好みで白か青をチョイスしてください。

ナンプラーがない場合はだし醤油でも美味しくいただけます。

作り方

ブブルアヤームの作り方

生米以外のAを全て鍋に入れて蓋をして中火にかけます。

沸騰してきたら弱めの中火にして鶏肉に火を通します。

弱火で長時間煮込むと鶏肉がホロホロに柔らかくなるので、子供でも食べやすくなります。
ブブルアヤームの作り方

鶏肉に火が通ったら一旦鍋から取り出して、生米を入れて煮込みます。

ブブルアヤームの作り方

お米が汁を全て吸って芯が無くなっていれば火を止めて、蓋をして5分間蒸らします。

ブブルアヤームの作り方

炊き上がったお粥をお皿に盛り付けてBをトッピングしたら完成!

作ってみた感想

こってりしたお粥は初めて食べましたが、フライドオニオンが良いアクセントになっていてとっても美味しいですよ。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
ほぼ放置でできる手軽さもあるので、朝ごはんに困った時はぜひ作ってみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA