育児

【生後1ヶ月未満でも使えました】メルシーポットで新生児の鼻水を吸引するコツと注意点

メルシーポット 新生児

 

 こんな方におすすめ
  • 生後1ヶ月未満の新生児が鼻水で苦しんでいるのでなんとかしてあげたい
  • 生後1ヶ月未満の新生児にメルシーポットが本当に使えるのか知りたい

 

本記事のまとめ

  • メルシーポットは生後20日の新生児でも使用することができます。
  • 標準ノズルではなくボンジュールノズルを使用しましょう。
  • 最適な吸引ポイントを見つけるためにも鼻の中でノズル向きを変えましょう。
  • 吸引中は呼吸ができないため、連続吸入時間に注意しましょう。

 

新生児はママからの免疫で守られているとはいえ、全てのウイルスから防御できる訳ではありません。

生後1ヶ月未満の赤ちゃんが鼻水で苦しんでいる場合、お薬を飲むことはなかなか難しいため鼻水を吸引する対症療法が複数の小児科医師から推奨されています。

鼻水吸引には自動吸引器の使用が有効ですが、本当に生後1ヶ月未満の新生児に使用しても良いのか不安が残ると思います。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
安心してください、我が家では生後20日の新生児にメルシーポットを使用して問題ありませんでした!

 

本記事では実際に生後20日の新生児にメルシーポットを使用した我が家の体験談をベースに、新生児の鼻水を吸引するコツと注意点を解説します。

鼻水で苦しんでいる全ての新生児が少しでも楽になれば幸いです。

そもそも鼻水吸引なんて意味あんの?と思われている方はこちらの記事で鼻水吸引の効果をご確認ください。

鼻水吸引 いらない
【鼻水吸引なんていらないはウソ?ホント?】鼻水吸引の効果を検証した論文をご紹介小さな子供は必ず鼻水を垂らしますが、鼻水を吸引する行為は子供がとても嫌がるためなるべく避けたいものです。本記事では鼻水吸引が子供の回復に与える影響を調査した研究結果とメルシーポット必要なのか?について解説します。...

我が家の事例紹介

生後20日で鼻水が出現

我が家では第2子が生後20日頃に大量の鼻水が出現しました。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
既に我が家にはメルシーポットがありましたが新生児に本当に使用できるのかが不安だったため口で吸うタイプのもので吸引していました。

 

38℃の発熱

鼻水が出現した翌日には38℃の熱発が起こり、念の為病院に連れて行きました。

新生児期の発熱の5〜15%程度は重篤な細菌感染症など入院加療が必要になる可能性があります。手遅れになる前に病院で診てもらいましょう。

 

検査の結果

新型コロナ、RS、アデノなど一通りの検査を実施しましたが、結果は全て陰性。

医師曰く、保育園に通っている第1子が風邪ウイルスを第2子に移してしまったことが原因とのことでした。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
上の子がいると下の子に風邪を移すことはよくあることみたいです。非常に冷静に対応していただきました。

 

新生児に自動吸引器は使えるか?

原因が風邪ウイルスによるものだったため、お薬の処方はありませんでした。

「時間の経過とともに軽快していくでしょう」とのことでしたが対症療法として鼻水の吸引を推奨されました。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
この時に自動吸引器で鼻水を吸引することは何の問題もないことを先生に確認しました!

 

吸引の頻度について

吸引の回数制限は特にありませんでした。親が大変でなければできるだけ頻回に吸引してあげて下さいとのことでした。

 

標準ノズルではなくボンジュールノズルを使用しましょう

メルシーポットに標準で付属している吸引ノズルは大人でも使えるようにかなり太めに設計されています。

鼻の穴がある程度大きければ問題ありませんが、新生児のように鼻の穴が比較的小さい場合は標準ノズルでは鼻の中に入り切らず鼻水を吸引することができません。

そのため、新生児でメルシーポットを使用する場合は下記のボンジュールノズルが必須です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
標準ノズルより細長く奥の粘っこい鼻水までしっかり吸引できるため新生児以降でも活躍の場があります。本体購入時には必ず一緒に購入しておきしましょう。


吸引時に隙間ができないようになるべく奥まで挿入しましょう

鼻水吸引のコツは基本的には通常時と変わりません。

通常時のコツ
  1. 背後から羽交い締め、頭部はやや後屈
  2. ノズルを鼻の中に入れた吸引しながら吸引口の角度(向き)を360°回転させる
  3. 鼻粘膜が腫れているなら鼻を横に広げて空気の通り道を確保しながら吸引する

詳細はこちらをご参照ください。

メルシーポット 裏技
【メルシーポットは難しい?】うまく吸えない方に試してもらいたい吸引のコツ4選メルシーポットで鼻水を吸引したのにあまり吸えない、吸引直後なのにズルズル鼻水が残っている。こんな経験はありませんか?それは奥の粘っこい鼻水が吸引しきれていない証拠です。今回はカテーテルなど使用せず正攻法で奥の粘っこい鼻水を根こそぎ吸引する裏技を4つご紹介します。...

 

新生児は首が座っていないため①の背後から羽交い締めができません。

そのため、沐浴時の要領で耳元を押さえて頭を固定し、正面からノズルを挿入すると吸引しやすいです。

吸引時の隙間について

ボンジュールノズルは先端が細いため新生児の鼻の径よりも細い可能性があります。

鼻の中でノズルの向きを動かして最も吸引できるポイントを探って下さい。

尚、ノズルの挿入は1.5cmを目安にして下さい。

奥まで入れすぎると痛みが強いため注意が必要です。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
私は奥まで挿入しすぎて子供に痛い思いをさせてしまってました。
1.5cmはボンジュールノズルの手元を指で押さえた残りの部分が挿入できる目安になります。

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
一時的に吸引力を強めたい場合は、ベビちゃんクリップではなくボンジュールノズル自体を抑えることで吸引力アップが可能です。

連続吸引時間について

新生児は鼻水が垂れていても基本的には鼻で呼吸を行っており、口での呼吸は上手にできません。

つまり、鼻水を吸引してる間は赤ちゃんは呼吸ができません。

親が躊躇してダラダラ吸引時間を長引かせることは得策ではありません。

一思いにノズルを奥まで挿入することが赤ちゃんにとっては最も良いアプローチです。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
頭蓋骨に穴が空いて脳みそが出てくるなんてことはありませんのでご安心ください。

 

吸引した鼻水に血が混ざっていたら

基本的には吸引で鼻粘膜が傷つくことはありません。

傷つけることがあるとしたら、挿入時にノズルが粘膜に強く当たっている可能性があります。

ノズルを鼻粘膜に強く当てないように注意して下さい。

 

まとめ:新生児の鼻水は原則投薬なし、吸引し続けることが大切

今回の記事のポイントをまとめます。

  • メルシーポットは生後20日の新生児でも使用することができます。
  • 標準ノズルではなくボンジュールノズルを使用しましょう。
  • 最適な吸引ポイントを見つけるためにも鼻の中でノズル向きを変えましょう。
  • 吸引中は呼吸ができないため、連続吸入時間に注意しましょう。

新生児はママからの免疫で守られているとはいえ、全てのウイルスから防御できる訳ではありません。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
上の子の風邪が下の子に移ることはよくあるケースです。

新生児はお薬の用量調整が難しいこと、そもそも飲むことが難しいことから一般的な風邪であれは無投薬で経過観察することが多いです。

親ができることは鼻水を頻繁に吸引して、たくさん寝かせてあげることかなと思います。

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
新生児の子供が苦しんでいるなら、メルシーポットで鼻水を根こそぎ吸引してあげてくださいね!

 

と言うわけで今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは!