育児

【楽コツ&時短アイテム】保育園・幼稚園の持ち物への名前は『お名前スタンプ』を使うと楽でした!

 

こんにちは、ちゃんミーパパです。

 

・保育園の持ち物に名前を書くのが非常に面倒だ。

・洋服などの布生地はマジックで字を描きにくいためストレスだ。

・とりわけ小さな物に名前を書く作業は本当に大変だ。

 

今回はこんなお悩みを解決します。

 

 

本記事の内容

  • 【楽コツ&時短アイテム】保育園・幼稚園の持ち物への記名は『お名前スタンプ』を使いましょう!

 

「保育園の持ち物にチャチャっと記名する方法はないかな?

 

この質問に対する回答は、「お名前スタンプを使えば”スタンプぽんっ”で記名が終わる上、小さなタグにも綺麗に記名することができます。」となります。

 

というわけで、今回は保育園の持ち物へ記名するのにおすすめの楽コツ・時短アイテムをご紹介したいと思います。

 

【楽コツ&時短アイテム】保育園・幼稚園の持ち物への名前は『お名前スタンプ』を使うと楽でした!

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
今回我が家が購入したお名前スタンプはこちらです。

 

 

セット内容

全13種類のゴム印、スタンプ台、補充インク、溶解液がプラスチックBOXに入って到着します。

 

全13種類のゴム印

引用元:楽天市場

 

縦書きフルネーム
  • ひらがな:縦40mm × 横6mm
  • ひらがな:縦30mm × 横5mm
  • 漢字:縦25mm × 横4mm

 

横書きフルネーム
  • ひらがな:縦10mm × 横55mm
  • ひらがな:縦6mm × 横40mm
  • ひらがな:縦5mm × 横30mm
  • ひらがな:縦3mm × 横20mm
  • ひらがな:縦2mm × 横10mm
  • 漢字:縦4mm × 横25mm
  • ローマ字:縦4mm × 横40mm

 

その他
  • ひらがな(横書き・姓のみ):縦2mm × 横5mm
  • ひらがな(横書き・名のみ):縦2mm × 横5mm
  • ひらがな(2行印・横書き・フルネーム):縦8mm × 横15mm

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ

字体は6種類から好きなものを選ぶことができます!

 

2人目、3人目用にゴム印だけ(付属品、姓のみスタンプなし)の追加セットも販売されています。

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
不要な付属品が付いてない分、値段も安いし、初回のプラスチックBOXに追加分を2セットまで収納できるし、痒いところまで手が届く優れものです。

 

スタンプ台・補充インク

油性の黒色スタンプ台と補充用インクが同梱されています。

黒色以外には白色・青色・ピンク色のラインナップもあります。

 

溶解液

インクを吸収しない素材(プラスチックや金属)へスタンプした際、失敗した時に消すことができます。

 

購入して良かった点

様々な大きさのスタンプがあり、用途別に使い分けることが可能

2mm幅から10mm幅といろんな大きさのスタンプがあるため、オムツには10mm幅、靴下には2mm幅など用途に応じて使い分けができます。

 

洗濯してもインクが落ちにく

特殊な油性インクを使用しているため、数回の洗濯程度では全く消えません。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
これまでに20回以上洗濯している服でもスタンプが消えずに残っています。

 

インクの消費量が少ない

スタンプ台と共に補充用のインクが同梱されていますが、100回以上スタンプしても未だに補充をしたことがありません。

インクの持ちが長い上、インクの消費量も少なくてすむためエコなアイテムです。

 

インクのカラーバリエーションが良い

黒色の服や物でも、白色のインクを使用すればスタンプすることができます。

また、インクは青色とピンク色も選択肢に含まれているため、子供の好みに応じて使い分けることができて非常におすすめです。

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
我が家の娘はもっぱらピンク推しです。

 

最小サイズを使えば1cmに満たない物にもスタンプが可能

姓のみ・名のみのスタンプは2mm × 5mm幅と非常にサイズが小さいため、おはじきや鉛筆にも問題なくスタンプすることができます。

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
小さな物への記名が1番手間に感じていましたが、スタンプを使えば一切ストレスを感じることなく作業が終了しました。

 

マイナスポイント

スタンプ台の収納

スタンプ台を使用した後はインクの乾燥を防ぐため都度保管袋で保管する必要があります。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
チャック付きの袋ですが、毎度毎度出し入れするのは少し面倒です。

 

溶解液は洋服などインクを吸収する素材には使用できない

洋服などの生地に一度スタンプしてしまうと消すことができないため一発勝負となります。

服へのスタンプでダイナミックに歪んでしまった場合は少し後悔することになります。

 

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
私は歪みなど全く気にしませんが、妻は少しの歪みも許せないようで何回か注意されてしまいました。

 

まとめ:育児は楽コツ&時短アイテムを使って手を抜きましょう!

保育園や幼稚園の持ち物は小さな物にも名前を書くことが要求されるため本当に面倒に感じてしまいます。

ただでさえ字が汚い私には、小さな物への記名なんて肩も凝るし苦行そのものです。

スタンプを使えばそんなことで苦しむこともなく、洗濯してもなかなかインクが消えないし、個人的には買って良かったと思えた逸品でした。

 

私と同じように保育園・幼稚園の持ち物への記名作業で苦しんでいるなら、ぜひ使ってみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA