育児

2歳児も食べれる!世界の朝ごはんブラジル編|パンケッカ

パンケッカ

朝ごはんって考えるの面倒じゃないですか?

特に小さな子供がいると、食べれるものも限られていて、ついつい毎朝同じようなメニューになりがち。

こんな悩みを解消するために、世界の朝ごはんを日替わりで作ってみることにしました!

この記事が参考になりそうな人

朝ごはんがマンネリ化している

朝ごはんのメニューを考えるのが面倒

小さな子供がいる

ぜひ、マンネリ化した食卓を異国の朝ごはんで彩ってみてください!

本日の朝ごはんレシピ

料理名:パンケッカ

国名:ブラジル

この記事を書いた人

ちゃんミーパパ

奈良県天理市生まれのアラサーパパ。
嫁+0歳児と1歳児の4人家族。
パンとコーヒーが大好きで朝ごはんに焼きたてパンを作ることが得意。 Twitterはこちら

↓目次をタップすればジャンプできます↓

ブラジルのパンケッカ(Panqueca)

パンケッカ

紹介

パンケッカとはブラジルの朝ごはんの定番で、甘くないクレープ風の生地に野菜とひき肉を炒めた具材を添えていただきます。

材料

A:具材

ひき(合い挽き)・・・200g

玉ねぎ・・・1/2個〜

にんじん・・・1/2本〜

トマト缶・・・100g

塩・・・小さじ1/4

オイスターソース・・・大さじ1

バター・・・10g

B:パンカッケ

卵・・・1個

牛乳・・・200cc

薄力粉・・・150g

粉チーズ・・大さじ3

オレガノ・・・小さじ1/2

パセリ・・・小さじ1/2

塩・・・少々

トマト缶の代わりに水100cc+ケチャップ大さじ3でも代用できます。

オレガノ・パセリはなくてもOKです。

作り方

にんじん・玉ねぎをみじん切りにします。

油(材料外)を薄く引いてミンチに軽く火を通します。

みじん切りにしたにんじん、玉ねぎをフライパンに入れます。

全体的に火が通ったらトマト缶・オイスターソースを加えます。

今回はトマト缶の代わりに水+ケチャップで作りました。

野菜が柔らかくなったらバターを加えて、完全に溶けたら一旦ボールに移します。

材料Bをボールに全て入れてよく混ぜます。

油(材料外)を薄く引いたフライパンに生地を薄く伸ばして両面を焼きます。

生地の両面が焼けたらボールに取り出しておいた具材を乗せて生地でクルッと包みます。

お皿に乗せて、上から具材を乗せれば完成!

作ってみた感想

クレープ生地に粉チーズが入っているのが新感覚でとっても美味しかったです。

粉物にしては腹持ちが良いし、サッと作れるので慌ただしい朝にはぴったりです。

ちゃんミ‐パパ
ちゃんミ‐パパ
甘くないブラジルのクレープ『パンケッカ』をぜひ作ってみてくださいね!


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA